別府湾とれたて産地直売所
logo.png



印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


営業時間:9:00〜19:00
(1月1日のみ店休日)
TEL:0977-72-1110
大分県速見郡日出町豊岡字楠本883

HOME > リンク

レジャー

image.jpgハーモニーランド

ハローキティやシナモンをはじめとするサンリオキャラクターに会えるテーマパーク。家族で楽しめるアトラクションと感動のライブショー。

LinkIcon詳しくはこちら

image1.jpg城島高原パーク

湯布院と別府の中心に位置する森のリゾート施設城島高原。絶叫系アトラクション人気NO.1日本初の木製コースタージュピター!ほのぼの系アトラクション、おもちゃ王国は小さなお子様に人気です。

LinkIcon詳しくはこちら

image2.jpg別府ラクテンチ

ケーブルカー(犬のドリーム号とネコのメモリー号)に乗って、山の上の遊園地に出発。レインボー大吊橋とパノラマ温泉の自然総合レジャーランド。ラクテンチ名物!あひるの競走が人気です。

LinkIcon詳しくはこちら

image3.jpg九州自然動物公園 アフリカンサファリ

広大な自然の中で、約70種1400頭の野生動物が生活しています。マイカーやジャングルバスに乗ってライオンやトラ、キリンやゾウなどの野生動物を間近で観察できます。

LinkIcon詳しくはこちら

image4.jpgうみたまご 大分マリーンパレス水族館

海から生まれた大きな卵。全く新しいタイプの水族館です。ショータイムではセイウチ、イルカたちのパフォーマンスを身近で楽しむことができます。

LinkIcon詳しくはこちら

image6.jpg国立公園 高崎山自然動物園

高崎山は古くから野生の日本ザルの棲息地として知られています。高崎山自然動物園は、この野生の日本ザルに餌付けして現在約1200頭が生息しています。

LinkIcon詳しくはこちら

image5.jpgべっぷ地獄めぐり

千年以上も昔より噴気・熱泥・熱湯などが噴出していたことが「豊後風土記」に記せられ、近寄ることもできないと忌み嫌われた土地であったといわれています。 そんなところから、人々より、「地獄」と称せられるようになりました。

LinkIcon詳しくはこちら

image38.jpg豊後高田 昭和の町

昭和の時代にタイムスリップ。昭和30年代の昭和の町、昭和の店。平成の今、懐かしさにしてしまった物も人もここにあります。あなただけの昭和の思い出をお探しください。

LinkIcon詳しくはこちら

文化・歴史

image7.jpg宇佐神宮

宇佐神宮は全国に4万社あまりある八幡様の総本宮です。八幡大神(応神天皇)・比売大神・神功皇后をご祭神にお祀りし、 725年に創建されました。

LinkIcon詳しくはこちら

image8.jpg熊野磨崖仏

鬼が一夜で築いたという伝説のある自然石の乱積みの険しい石段を登ると、左方の巨岩壁に不動明王(8m)と大日如来(6m)が刻まれています。平安時代末期の作といわれており、国の重要文化財。

LinkIcon詳しくはこちら

image15.jpg真木大堂

真木大堂は六郷満山本山本寺、馬城山伝乗寺の堂宇の1つとして建立されたと伝えられています。伝乗寺はかつて六郷満山の「本山八ヵ寺」中でも最大の規模を誇り、満山の中心的寺院として隆盛を極めたといいます。

LinkIcon詳しくはこちら

image20.jpg富貴寺

富貴寺は平安時代に宇佐神宮大宮司の氏寺として開かれた由緒ある寺院です。現存する九州最古の木造建築物であり、国宝指定されています。

LinkIcon詳しくはこちら

image21.jpg両子寺

両子寺は、江戸時代、杵築藩の庇護のもと、六郷満山の総持院の地位を占めていました。本尊である県指定有形文化財の木造阿弥陀如来座像や焼仏となった千手観音像を拝むことができます。

LinkIcon詳しくはこちら

日出町 名所・産物

image45.jpg暘谷城趾

慶長6年(1601年)初代藩主木下延俊により築城され、当時は三層の天守閣が築かれた別府湾を臨む城でした。現在は城跡は石垣を残すのみで、日出小学校として利用されています。

image50.jpg松屋寺の蘇鉄

松屋寺は曹洞宗の寺で、日出藩初代藩主延俊が建立した木下家の菩提寺。前庭にある大蘇鉄(樹齢約650年)は、江戸時代から日本一の蘇鉄として知られており、国の天然記念物。

image51.jpg的山荘

金山で巨額の富を築いた成清博愛氏の別荘で敷地面積は3670坪、近代和風の建物と別府湾を一望できる庭園があります。現在は城下かれいなどの割烹料理をご賞味頂けます。日出町有形文化財に指定されています。

image52.jpg帆足萬里墓

江戸時代後期の儒学者、経世家。幼少のころは脇蘭室に学び、あらゆる分野に精通し、『窮理通』、『東潜夫論』など数多い書物を著し、教育者として多くの青年に学問を教え、多くの有為な人材を世の中に送り出しました。

image53.jpg城下かれい

『城下かれい』は、別府湾を望む日出(暘谷)城趾の下、真水の湧く海底を中心に広がる海に生息するマコガレイの事です。江戸時代の将軍への献上品とされ、昔は武士しか食べること出来ず高級魚として珍重されていました。